良い転職をするためには企業が求めている人材を知り自分にあった転職先を探して転職活動をするべき?!

良い転職
転職をしようとすれば、転職活動をする必要がありますが、転職活動は、どんなことから始めればいいのか?どんなことをすればいいのかわからない人もいると思います。

だから、転職する前に簡単な転職活動の流れを知っておきましょう。

◎転職活動の流れ

転職活動とは、転職したい企業を探して、面接や試験を受けて転職先を決めるための活動です。

だから、転職するためには、転職の流れを知って転職活動をする必要があるのですね。

では、転職活動の流れを説明していきます。

1. 転職先を探す。

退職することを決めたら、退職前には、転職先を探しておいた方が良いのです。
なぜなら、退職後に良い転職先がみつからないで苦労をしないためです。

そして、転職先を探して、現状より悪くなるのであれば 転職をしないという選択肢を選べるからですね。
転職先の探し方については、後で説明していますが、自分のスキルや資格を考慮して転職先を探してみましょう。

2.履歴書・職務経歴書を作成。

転職するのであれば、転職先に応募する必要があります。
応募するときには、基本、履歴書・職務経歴書が必要になりますので、作成しておくべきなのですね。

履歴書・職務経歴書に必要な学歴や職歴、自分の特技や資格などの情報を準備して、転職の理由、転職先の志望動機などを考えておきましょう。
また、履歴書・職務経歴書を用意することで、客観的に考えることもできますので、転職先を探すのにも役立つかもしれませんよ。

3. 転職先に応募する。

基本、転職する場合は、企業に書類で応募して企業側の書類選考に通過すれば面接に進めます。
狙う企業によっても変わりますが、それなりの企業に転職を希望するのであれば、応募をしても数%しか面接に進むことはできないので、応募はたくさんした方がいいと思います。

4. 企業の面接。

転職先の書類選考に通過したら面接です。
面接のために、きちんと志望動機や自己アピールができるように準備して練習しておきましょう。
また、面接を受ける企業の情報収集も大切ですね。

5. 企業からの内定。

企業から内定をもらえたら労働条件などを再確認して、内定を受託をします。
これで転職先が決まったことになります。

6. 退職

まずは、上司へ相談して、退職願・退職届の提出です。
勤めていた会社に迷惑をかけないために仕事の引き継ぎをします

退職をするタイミングですが、転職先を探してある程度の準備ができてから、退職することを会社に伝えた方がいいと思います。
なぜなら、退職してから転職先を探すと思った以上に時間がかかる場合もありますし、転職せずに今の会社の方が良かったと後悔しないためですね。

そして、退職することを会社に伝えてから一か月程度は退職するまでにかかりますので、できれば、退職する日までには、転職先を決めておくのがベストです。

転職先が決まれば 必要書類などの準備をして転職です。

何も考えずに退職してから転職先を探すと、時間に追われて悪い転職になってしまう可能性がありますので、なるべく退職前から転職活動をしておいた方がいいですよ。

そして、転職は、自分のためにするのですが、転職先となる企業は、あなたのために人材を求めているわけではありません。

だから、転職する場合は、転職先の企業が、どんな人材を求めているのかを知っておくことも大切ではないでしょうか?

では、転職で求められている人材について考えておきましょう。

○転職で求められる人材は?!

基本、転職先となる企業で求めている人材は、即戦力となる人材です。

わざわざ、一から育てる必要のある人材を中途で探す企業はあまりありません。

だから、やる気だけあっても、その転職しようと思っている企業が求める人材でなければ、転職するのは難しいのですね。

だから、自分の今までの経験やスキルが役立つ企業でなければ、良い転職は難しいといえます。

条件などこだわらなければ、転職先をみつけることはできると思いますが、良い転職先を探すためには、自分の経験やスキルが役立つ転職先を探す必要があるのですね。

しかし、即戦力になれる自信が無いという人もいると思いますが大丈夫ですよ。

なぜなら、企業は即戦力となる人材を確保したいと思っていまが、そんな都合のいい人材は簡単にはいない場合が多いので、基礎的なスキルがある人が求められている人材だからです。

パソコンを使ったことの無い人がパソコンを使う職場に転職するのは難しいですが、パソコン入力ができれば 基礎的なスキルがあると判断されますよね。

運送関係の仕事であれば、車の運転免許があれば、一人前の仕事はできないかもしれませんが、基礎的なスキルがあると判断されます。

私には、スキルが無いという人もいるでしょうが、モノを並べたりする仕事もありますので、特別なスキルが無くても即戦力になれる仕事はあります。

求められる人材は、会社によって違いますが、社会人としての一般的な知識やマナーを持っていて、教えたことを実践することができれば、即戦力になることができる仕事もあるのですね。

だから、特別なスキルや経験がなくても大丈夫なのです。

まずは、転職先で求められている人材を知ることが大切であり、営業経験なのか?パソコンスキルなのか?経理経験なのか?

自分ができることを分析して、自分の力が発揮することができる企業を探しだすことが大切なのです。

そして、自分にあった転職先でなければ、折角、転職しても仕事になじめずに、また転職を考えることになるかもしれません。

だから、転職で失敗しないためにも、自分にあった転職先を探すことが大切になります。

◎自分にあった転職先を探してみる?!

良い転職をするためには、自分のレベルを知って自分にあった転職先を探すことが大切です。

多くの人が、給料が高くて責任が無い楽な仕事をしたいと思いますが、基本、仕事は、楽ではありませんし、責任が有りますし、辛くて責任のある仕事ほど、給料が高いのです。

だから、給料だけで転職先を決めてしますと、仕事が辛くてすぐに辞めてしまう場合もあるのです。

自分にあった転職先を探すためには、自分の体力、資格、スキル、経験などの能力を客観的に分析することが大切です。

そうすれば、自ずと自分にあった転職先をみつけることができるのですね。

しかし、未経験の仕事をしたい方もいると思います。

そんなときには、基礎能力を考えてみてはいかがでしょう。

体力に自信がある方であれば、未経験でも肉体労働ができると思いますし、人と会話をするのが得意だという人は、営業系やサービス業に向いているかもしれません。

人には向き不向きがありますので、基礎能力が無い仕事をしても長続きしない可能性が高くなるので、未経験の仕事に転職する場合は、基礎能力を考えてみた方がいいと思います。

だから、自分に合った転職先を探すには、自己分析をすることが大切なのですね。

でも、自己分析って難しいし、自分には、どんな仕事があっているのかがわからない人は、得意と苦手を書き出してみてはいかがでしょう。

得意と苦手を知ることで、自分にあった仕事を探し出すことができるかもしれませんよ。

では、得意なことと苦手なことを書き出します。

例えば、得意なことは、情報収集や会話。苦手なことはじっとしている。

そんな方は、じっとしているのが苦手なので事務職はなしで、情報収集や会話が得意なので営業職やサービス業などが向いているという感じではないでしょうか?

得意なことや苦手なことを書き出すことで、自分にあった仕事が何となくですがわかるようになるのですね。

しかし 完全に自分にあっていると思える転職先と出会うは難しいので、転職先を探す場合は、ある程度の妥協も大切な場合があります。

だから、妥協点も考えておくことも転職するときには大切なのですね

良い転職をするためには、いろいろな準備が必要なのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク