ブラック企業に気を付けて!ブラック企業だと気付かないでいると損をするのはあなたですよ。

ブラック企業
生活するためには、働いてお金を稼ぐ必要がありますので、基本、仕事をする必要がありますよね。

だから、仕事で嫌なことがあっても、多くの人は我慢をすると思います。

そして、就職先が決まらずにやっと就職が決まった人は、働けるだけでもありがたいと思うかもしれません。

生活のために仕事をしているのですから、仕事を辞めると給料がもらえなくなるので、生活ができなくなるということです。

だから、働くためには会社に無理を言われても我慢するしかないのでしょうか?

いえいえ、そんなことはありません。

労働者は法律で守られており、会社は法律を守って、従業員に働いてもらわなければならないのです。

しかし、守るべき法律を守らずに従業員を不当に扱っている企業がいることを知っているでしょうか?

その名も「ブラック企業」と呼ばれる企業です。

○ブラック企業に気を付けて!

ブラック企業とは、労働法や法令を守らずに違反したり、その可能性があるグレーゾーン的な条件で労働させたりする企業のことです。

そんな企業で働くわけはないと思うかもしれませんが、あなたが働いている企業もブラック企業かもしれないのです。

ブラック企業は、初めから労働者に対して当たり前のように無理をさせるので、それが当たり前だと思い込ませてしまいます。

だから、法律を知らないと、それがブラック企業だと気づかずに普通の企業だと思ってしまうのですね。

ブラック企業は、日常的にサービス残業をさせて、当たり前のように法律で定められている有給休暇が無いといい、日々パワハラ・セクハラなどをして、本来の業務とは全然関係のないことまでされられるようになり、労働者の権利を踏みにじっているのに、それが当たり前のことだと思わせるのですよ。

そして、ブラック企業かも?!と気づいていても、やっと就職することができた職場なので我慢をするという人もいるかもしれません。

しかし、そんな状況が続いても、状況が悪くなるばかりではないでしょうか?

労働者は、法律により守られているのですよ。

不当な扱いをするブラック企業とは戦うことも必要ではないでしょうか?

仕事をする上で我慢することも大切ですが、不当な扱いを我慢する必要はありませんよ。

労働基準法も大切ですがお互い様も大切かも?!しかし不当な扱いを受け続ければ戦うことも大切?!
労働者は、労働基準法などで守られていますが、労働者の権利だ!労働基準法万歳!不当な扱いを受けた!私はなにも悪くないと、会社に対して自分の...

だから、ブラック企業の罠に陥らないためにも労働基準法をある程度は学んでおく必要があるのですね。

そして、ブラック企業は、会社の都合だけを押し付けてくる場合が多いのです。

だから、会社側から一方的に労働条件を変更する可能性が高いのですよ。

☆会社側から一方的に労働条件を変更するのはダメ?!

会社側の都合で、一方的に労働条件を変更することがあるかもしれませんが、基本、一方的な労働条件の変更は違法です。

労働条件の変更は、働く側にとっては、とても理不尽で生活状況を大きく左右することになるかもしれません。

でも、会社が決めたことだから仕方が無いと諦めるべきなのでしょうか?

○労働条件の変更について

・仕事量が大きく変わる。
今まで5人でしていた作業を3人でするように命じられるなど、時間内に終わらない仕事量になるという感じです。

・労働時間の変更。
AM9時からPM6時だった労働時間が、AM10時からPM7時に変わるなどです。

・給料の減額
今月から給料を10%減にしますなどです。

他にもいろいろと労働条件の変更はありますが、労働条件の変更をされると、生活に支障をきたしますよね。

基本、先ほどもいいましたが、法律的には、労働条件の変更は、会社が一方的にすることは認められていません。

労働条件の変更の変更をする場合は、会社と労働者がお互い協議して決める必要があるのです。

だから、会社から一方的に労働条件の変更をするといわれた場合は、簡単に同意してはダメなのです。

しかし、一人で会社と交渉するのは難しいので、できれば同じ労働者どうしで団結して交渉した方がいいと思います。

しかし、労働条件を変更する合理的な理由がある場合は、会社側が一方的に労働条件を変更することができる場合もあります。

会社が存続できないほどの経営状態の場合は、給料の減額や手当の廃止などの労働条件の変更をしても仕方が無いということなのですね。

会社が利益を出しているのに、もっと会社が利益を出したいからといって減給や手当の廃止を会社が一方的にできないということなのです。

会社があっての労働者ですし、労働者あっての会社ですので、お互いが譲り合って気持ちよく働ける労働条件を考えることが大切なのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク