法律で労働者は守られている?!仕事の法律って知っていますか?会社の就業規則は確認していますか?!

仕事の法律
労働者は 労働基準法などの法律によって守られていることを知っていると思いますが、 仕事の法律を理解している人はそんなにいないと思います。

会社だから法律を守っていると信用しているかもしれませんが、企業によっては、法律を守っていないことがあるのです。

なぜ、そのような法律を守らない企業があるのかというと、雇用者が法律を理解していないことや労働者が法律を知らないからなのです。

だから、仕事に関する法律を知って理解することで、労働者は自分を守れるようになるのですよ。

知らないと、不当な扱いを受けても気づけないので、損をしちゃいます。

だから、不当な扱いを受けたときのために知識が必要なのですね。

まずは、仕事の法律を少しずつでもいいので、勉強していきましょう。

そして、これから起業しようって思っている方も、仕事の法律を学んでおくことをオススメします。

従業員を雇ったらどのような責任があるのか?労働条件は? などの法律を知らなければ、後で大変なことになる場合もありますよ。

こちらで労働基準法に関する代表的なもの少しずつでも学んじゃいましょう。

労働基準法に関するQ&A 厚生労働省

〇会社の就業規則を確認しよう!

就業規則とは、労働時間・休暇・給料条件・退職・罰則などの規則が書いてある、労働者と会社の決め事です。

会社の就業規則なんて見たことがないって人もおられると思いますし、うちの会社には就業規則なんてモノは無い?って、思っている方もいるかもしれません。

しかし、基本、就業規則は10人以上の労働者がいる会社では作成する義務がありますので、労働者が10人以上いる会社なら就業規則はあるのです。

もし、10人以上の従業員がいるのに就業規則が無ければ、それ自体が法律違反になるのですね。

そして、就業規則は、労働者が見られる場所に置いておく義務があるので、もし無いのであれば、会社に一度、聞いてみるべきだと思います。

就業規則に書いてあることを知っておくことで、不当な扱いを受けた時の対応を考えることが出来ますので、就業規則は確認しておくべきなのですね。

労働基準法と就業規則を知ることで、不当な扱いを受けた時に気づくことができ、対処することができるのですね。

労働者は、自分達の権利を知り、不当な扱いを受けないように知識を身につけることも大切なのですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク