会社を退職する前にはもう一度冷静に考えて!!そして退職すると決めたら円満に退職した方がお得!?

円満退職
誰もが仕事は、生活するために生きるためにしていますよね。

でも、何らかの理由で仕事を辞める必要があるかもしれませんが、その決断はとても人生で重要な判断が必要になります。

だから、もう一度、退職するのか冷静に考える必要があると思いますよ。

本当に退職する必要がありますか?退職して幸せになれますか? 退職をするという決断もありますが、思いとどまるという決断もありますよ。

退職を考えている人は、もう一度真剣に考えてください。 そして家族がいる方は、家族ときちんと話し合いましょう。

そして、考えて考え抜いて本当に退職をすると決めた場合は、円満に退職することをオススメします。

〇円満に退職した方がいいかも?!

会社におもいっきり不満をぶちまけて退職したと思っている人もいると思いますが、なるべくなら円満に退職した方が得だと思いますよ。

狭い町ならなおさらですが、都会でも、人はどこでどう繋がっているかがわかりません。

退職の理由には、上司と気があわない・同僚と気があわない・給料が安い・評価になっとくがいかないなど色々な理由があると思いますが、不満をぶちまけて退職したら後で損をする可能性があるのですね。

再就職した後に、辞めた会社と関係のある仕事をすることもあるかもしれませんよ。

上手く円満に退職した方が、今までの仕事の人間関係も退職後にも利用できますし、円満に退職した方が、会社からの退職金も少しは多くなるかもしれません。
(基本。退職金には規定があるので円満退職しても変わらないかもしれません)

だから、なるべくなら円満に退職した方がいいのですね。

そして、会社を辞めようと思っても言いにくいですし、退職したいって口に出すのは、とても大変でストレスですね。

だから、逃げ出したい!会社を休んで・・・・・。と思うかもしれませんが、逃げていても解決できませんし、円満に退職できなくなります。

また、退職したいと言っても、色々と理由を聞かれて、簡単には辞められないかもしれません。

君に辞められると困るって言われても辞めますっていえますか?

そんなときに困らないためにも、円満に退職するための退職の理由を考えておきましょう。

○退職の理由は体調不良で乗り切れ!?

退職理由は、一身上の都合という曖昧なモノではなく、親の介護など家庭の事情や体調不良などを理由にした方が円満に退職できる可能性が高くなります。

一身上の都合では、いろいろと理由を根掘り葉掘り聞かれることになりかねません。

家庭の事情であれば、会社も無理に辞めるなと言えませんし、体調不良もしかたがないですよね。

円満に会社を退職したいのであれば、間違っても会社の不満や上司・同僚の悪口はダメですよ。

しかし、退職の理由が会社の法律違反待遇や上司のいじめなどであった場合は、戦って退職することも必要な場合があると思います。

自分だけが我慢をして、会社を辞める必要は無いということです。

そんなときのために、仕事に関する法律を学んでおくことも大切だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク