仕事を選ぶためにも仕事のジャンルを簡単に理解しちゃう?!仕事にはいろいろなジャンルがある?!

仕事を選ぶために仕事のジャンルを知ろう
自分はどんな仕事ができるのか? 自分に合った仕事はどんな感じの仕事?

人によって向き不向きの仕事があると思います。

無理に向いていない仕事をしても、仕事が続かない可能性が高くなりますし、仕事で良い結果を出すことができませんよね。

なら好きなことを仕事にすればいいと思うかもしれませんが、好きなことを仕事にすることが簡単にできるでしょうか?

そして、好きなことだけを仕事にして、生活ができる収入を得ることができますか?

仕事をしていれば、楽しい事も苦しいこともありますので、好きな仕事でも嫌いになることがあるかもしれません。

だから、仕事を選ぶときには、好き嫌いよりも、向き不向きで選んだ方がいいのではないでしょうか?

自分の性格や能力によって、向いている仕事もあれば、向いていない仕事もあります。

だから、自分に向いている合った仕事を探すためにも、いろいろな仕事のジャンルを知ることも大切なのですね。

では、管理人の独断と偏見で、勝手に仕事を簡易的にジャンルに別けて簡単に説明していきます。

〇仕事のジャンル

・公務員

公務員とは、国または地方公共団体等の公務を仕事とする仕事です。
公務員の中でも、仕事内容にはいろいろなジャンルがありますが、公務員の最大の魅力は雇用者が 国・地方公共団体なので、安定した雇用体系ですね。
相当悪いことをしない限り、安定した給料を得ることができるのが公務員の魅力です。
安定志向の方にオススメな仕事ですね。

・肉体労働系

肉体労働系とは、体(肉体)を使ってする仕事です。
どの仕事も体を使って仕事をしますが、特に体を使った力仕事がメインの仕事だということです。
仕事の種類としては、建設現場作業員・引越・清掃員・漁師・農業などいろいろあります。
肉体労働系は、体力が重要になりますので、若い時も大変ですが、歳をとると特に辛い仕事になります。
だから、体力に自信のある方や体を動かすのが好きな人にオススメな仕事です。

・事務系

事務系とは、会社の経理や事務をする仕事です。
会社の経理事務・会計事務所など、どんな職種でも仕事があります。
事務系の仕事の場合は、専門的な知識や資格が必要である事務仕事でないと給料が安いことが多いです。
しかし、年齢、体力などに関係なくできる仕事です。

・介護系

介護系とは、身体障害者・高齢者などの介護をする仕事です。
日本は高齢化社会になり、今後も需要が多くなる仕事ですが、専門職でなければ、給料が安い傾向にあります。
介護系の仕事は、心の優しさが重要に思えますので、怒らずに優しく人と接することができる人に向いている仕事ですね。

・教育系

教育系とは、子どもから大人まで、いろいろな人に教える仕事です。
保育園・幼稚園の先生、学校の先生、塾の先生など、いろいろな教育系の仕事があります。
人に物を教えることが好きな人にオススメな仕事です。簡単ではありませんが・・。

・医療系

医療系とは、医療に関係する仕事です。
医者、看護師、薬剤師など、医療に関係する仕事はいろいろとあります。
医療系の仕事は、人の健康と命を守るとても大変で重要な仕事ですので、志が高い人でなければ難しい仕事だといえます。

・ファッション系

ファッション系とは、衣服・アクセサリーなどの関係の仕事です。
ファッション系といっても、販売から企画・デザイン・仕入れなどのいろいろな仕事があります。
ファッションが好きな人が好む仕事ですが、仕事なので大変な部分もあります。
ファッションに興味がある人でないと難しい仕事だと思われます。

・飲食系

飲食系は、食事を提供する仕事です。
喫茶店、料亭、ファストフード店などの飲食サービスを提供する仕事ですね。
料理を作ったり、接客、皿洗い、配膳など、いろいろな仕事があります。
規模や飲食店によって、仕事内容に大きな違いがあるので、飲食系でも向き不向きがあると思われます。

・サービス系

サービス系とは、いろいろなサービスを提供する仕事です。
商品販売をするお店、ガソリンスタンド、バス、航空会社などいろいろありますが、全ての仕事がサービス業といっていいほど、種類の多いジャンルの仕事です。
基本、サービス系の仕事は、人と接することが多い仕事なので、人と接するのが好きな人にオススメな仕事ですね。

・営業系

営業系とは、商品やサービスを売るためや仕事を受注するための営業の仕事です。
ほとんど全ての仕事で営業は必要です。
営業系の仕事は、会社によってはノルマなどがありますので大変ですが、達成感を感じることができる仕事です。
また、営業系の仕事は、結果がわかりやすいので、能力によって大きく給料が上下する可能性もあります。
営業系の仕事は、自分の力を試したいと思っている向上心のある人にオススメだと思います。

・職人系

職人系とは、手に職をつけてする仕事です。
誰でも簡単にできることではなく経験を積むことで、体で仕事を覚える仕事です。
職人系といっても、いろいろな種類がありますが、器用な人にオススメな仕事です。

・在宅系

在宅系とは、家にいながらできる仕事です。
在宅系の仕事は、基本、量や能力によって収入が決まります。
在宅系の仕事といってもいろいろな種類がありますが、インターネットの普及により、在宅系の仕事も増えてきました。
家庭の事情で外に働きにでることが難しい方にオススメな仕事です。

・法律系

法律系とは、日本のような法治国家には必要不可欠な法律を取り扱う仕事です。
法律を扱うので、国家試験などに合格する必要がありますので、簡単につくことができない仕事ですね。

・運転系

運転系とは、車を運転したり、機械を運転したりする仕事です。
車や機械の運転免許証が必要な仕事です。
車の運転や機械操作などが得意な人にオススメな仕事ですね。

・金融系

金融系とは、お金を取り扱う仕事です。
銀行、証券会社、投資会社など、大切なお金を取り扱う仕事なので精神的に大変な仕事です。
学歴と実績が必要な仕事です。

・ネット系

ネット系とは、インターネットを利用した仕事で種類もいろいろあります。
基本、パソコンを使った仕事がメインになりますので、パソコン操作が得意な人にオススメな仕事です。

・技術系

技術系とは、技術が必要な専門的な仕事です。
科学、化学、工学などの専門技術を習得する必要がある仕事です。

・芸能系

芸能系とは、テレビ・ラジオ・劇場などで、お客さんに聞いて・見てもらう仕事です。
アイドル・お笑い芸人・歌手・俳優などが芸能系ですね。
容姿や表現力などの才能が必要な仕事です。

・工場系

工場系とは、工場でする仕事です。
流れ作業などの単純作業が多いですが、根気がなくてはできない仕事です。
また、工場系の仕事も職人系や技術系のような仕事もあります。

まだまだ、他にもいろいろな仕事のジャンルがあると思いますが、天職に出会うためにも、自分はどのジャンルの仕事に合っているのかを考えてみてはいかがでしょう?!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク