仕事が辛すぎるときはどうすればいいの?!許すことで悩みが減ってストレスが減少するかも?!

仕事が辛い
仕事は、基本、楽しくできることばかりではありません。

なぜなら、給料をもらうために自分が嫌いなこともしなければなりませんし、自分が好きなことでも、仕事となれば楽しくできない場合もあります。

体を動かすことが好きでも、肉体労働は辛いですし、人と話したくなくても、仕事中であれば話さなければならないときもありますよね。

だから、多くの人は、仕事が楽しくないと思うことがあるのです。

そして、仕事が楽しくないのを通り越して、仕事が辛いという状態になることもあります。

例えば、職場の人間関係が上手くいかなかったり、仕事で大きなミスをしたり、仕事を上手こなせなかったりと、仕事が辛い理由はいろいろとあると思います。

そんな、仕事が辛いときには、どうすればいいのか?

状況によっても違いますが、まずは、自分が変わる努力をすることが大切だと思います。

〇仕事が辛すぎるときは自分を変えるべきかも?!

人間関係は、ちょっとしたことで大きく変わりますので、自分から積極的に会話をするとか、人に相談したりすることで、人間関係を良好にすることができるかもしれません。

仕事が上手くいかなければ、原因を探して、努力して仕事のスキルを上げることも必要だと思います。

仕事の量が多すぎるのであれば、上司に相談して、仕事の量を調整してもらうこともできますし、同僚や部下などに手伝ってもらうこともできますね。

他の人が忙しいときに、自分も進んで手伝うことで、人間関係も良好になりますし、自分が大変なときに手伝ってもらいやすくなりますよ。

何もしないで、仕事が辛いからと愚痴を言っていても何も変わりませんし、成長もできません。

自分ができることから自分を変える努力も大切なのですね。

そして、仕事が辛くならないために、仕事の悩みやストレスを減らす必要がありますが、まずは許すことから初めてみませんか?

〇許すことでストレスが減り悩みも減る?!

仕事が辛くなる最大の理由としては、やはり人間関係ですね。

人間関係が良好であれば、仕事はそれなりに頑張ることができますが、職場の人間関係が悪くなると、仕事が辛くなるのです。

仕事をしているといろいろな人と関わりますので、自分の常識が通じない人や理不尽な人、信じられない人など、いろいろな人と関わり合う必要があります。

後輩や部下であれば、ある程度は、常識的なことを教えてあげることもできると思いますが、上司や取引先の人の場合は、相手に常識を教えるのは難しいですよね。

そんな人に、イライラしたり、感情を出して怒ったりしても、自分が損をするだけになります。

だから、そんな人は、相手を変えようとするのではなく、心の中で、こういう人もいるんだ。面白い・可哀想に・・。あなたが最終的には、損をするのだと思って、許してあげましょう。

そうしないと、自分がイライラして、ストレスがたまりますし、怒りの感情が外に出てしまい相手と不仲になって、自分も損をするようになってしまいます。

また、仕事があまりできない人にもイライラするのではなく、あの人なりに頑張っているのだと思って許すことで、自分もイライラしてストレスをためなくてすみます。

そして、多くの人は、他人の欠点には気づきますが、自分の欠点には気づきにくいのです。
嫌なことをする人がいたら、「人の振り見て我が振り直せ」ですよ。

冷静に許して自分を成長させるチャンスだと思うことで、前向きにもなれますよね。

どうしても嫌な人っていますが、そんな時は、相手を変えようとしないで、自分が変わる努力をしてみるのも自分を成長させるチャンスなのです。

許さなければ、いらぬストレスを抱えて、悩みが増えてしまい、最終的に自分が損をするのです。

しかし、どんなに自分が変わろうとしても、上手くいかないで辛い状態が続くようであれば、職場を変えることも必要だと思います。

辛い状態が続いて、あまりにも悩み過ぎ、心を壊してしまったら大変ですよね。

精神疾患などになれば、働けない状態になってしまう場合もあります。

だから、ある程度は我慢と努力は大切ですが、無理をし過ぎてはダメなのですね。

転職をすることで、自分にあった仕事と職場と出会えることもありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク